◎ご予約・お問い合わせ 095-857-0678

◎どのような「脊柱管狭窄症」でお困りですか?

☑医療機関で、「脊柱管狭窄症」と診断された
☑医療機関で、「すべり症・分離症」診断された
☑数分歩いただけで、足がしびれたり痛みが出る
☑休憩すると、症状が無くなりまた歩くことができる
☑足の裏に何かがくっついているような感じがする

脊柱管狭窄症|50代男性 会社員

1年前から、歩いていると脚が痛くなったり痺れ、ずっと通院していましたが、まったく改善せずにむしろ調子が悪くなってました。手術も進められましたが、他に治療法がないか探し、こちらにたどり着きました。はじめはこれで良くなる?と思っていましたが(先生スミマセン)、3回目くらいから、休まずに歩ける距離がどんどん増えていき、三ヶ月でほとんど気にせずに歩けるようになりました。あのつらさから解放されたことがウソみたいで、先生には本当に感謝しています!
(個人の感想です。効果を保証するものではありません。)

 

〇50%以上の方が脊柱管狭窄症?

「脊柱管狭窄症」は、背骨の内側の骨や靱帯の変形が原因です。そして驚くことに、ある医学的な調査では70歳以上の方の50%以上が腰部脊柱管狭窄症であると報告されています。ですが、70歳以上の方の半数が、歩くことが困難なわけではありません。歩行時の痛みやしびれの原因が、脊柱管狭窄症そのものではない可能性が近年の研究で分かってきています。

歩くことがつらいと訴えられて当院に来られる方の多くは、しびれや痛みのある足の筋肉を押すと、痛いところやコリコリとした固いところが必ずあります。一般的な医療機関では、痛みの診断はレントゲンです。そして、残念ながらこの固いところは、レントゲンには写りません。そのため、ほぼすべての痛みの原因が骨の変形という診断にされてしまう状況が続いてきました。しかしようやく「痛みの原因は筋肉(筋膜)である」と筋肉に着目して治療をしているお医者さんも、少しずつですが増えてきました。

当院では、筋肉が強くこわばっている原因を、脳・神経系が誤作動を起こし、「固くなる」ように間違えた命令が出されてしまっていると考えています。この誤作動回路をリセットすることで、痛みの出ない正常回路に作り替えることを行います。

道ノ尾カイロプラクティック整体院では、カイロプラクティックの本場アメリカで、実際に行われている方法を採用しています。脳・神経系の誤作動を調整し心身のバランスを正常に戻すことで、症状改善のお手伝いをします。

 

〇道ノ尾カイロプラクティック整体院は、次のような方におすすめです。

☑医療機関で「脊柱管狭窄症」「分離症」「すべり症」と診断された方。
☑ヘルニア等の手術を検討している方。
☑歩くのがつらくなってきている方。